2015/12
下記をテーマに書いてきましたが(めったにブログ更新はしてませんでしたが、、、)
新しい仲間が増えたことを機に、わんこ中心のブログ(Pinoko & Leon)になります。

あったらいいな〜。ふつ〜だけど好き。
普段の生活のなかでそんな気分になれるもの。
dog goodsだけでなく日常の生活にも「作る」を取り入れました。
「*」アスタリスク...「小さな星」を生活の中に!!!
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< スマートフォンケース | main | 2013年02月19日のつぶやき >>
bed bag


昨年後半から頭の真ん中にあった思い。
何度もサンプル製作をしてた「bed bag」が
少しずつ完成形になりつつあります。

「bed bag」とは???
簡単に言うとbedにもなるbagの事。(dog用)
というか〜
部屋の中に置いていても違和感がないbag。
というか〜

実は、昨年stylish*styleのモデル犬P嬢が急に歩けなくなり
お散歩に連れていくのが大変でした。
バギーに乗せたり、抱っこしたり・・・
しかし、お散歩はいつもモデル犬R嬢も一緒。
2ワン一緒だと
P嬢をバギーに乗せ、R嬢にリード・・・
安定感がなく危ない!
P嬢を抱っこし、R嬢にリード・・・
ずーと抱っこなんて重すぎる!
私の体力がなくなりました。。。
そこで思いついたのが、“寝たままの状態でも外へ連れ出せる”「bed bag」。
キャリーバッグよりシンプルで気軽にお出かけできます。
(寒がりでお散歩に行きたがらないワンやシニア犬にもおすすめです。)


ワン達は狭いところが大好き。
びっくりするくらい狭い所に挟まってる事もよくありますよね。
たまたま布製のトートbagを床に置きっぱなしにしてたら
いつの間にか潜り込んで
”すやすや”と寝息をたてているではありませんか!
起こすのはちょっと可哀想なので
そのまま肩にかけて隣の部屋へ、、、
ゆらゆらと揺れるのが気持ちいいのか
しばらくそのままの状態でした。

シンプルで部屋に置いても違和感がなく

持ち運べる“もの”は無いものか?無ければ作っちゃえ!
と、思いついてから
約半年間。



試行錯誤。
5mm単位での調整・・・・・。

ようやく納得いく「bed bag」ができつつあります。
とにかくシンプル。





後日詳細画像をupします。

*これからバージョンupする場合もあり。


P嬢は、、、

11月から毎週病院通いでした。
レントゲンやMRI等の検査を受けました。

これっという病名はわかりませんでした。
疑いは
「変形性脊椎症」と「ニューロパチー」
老化現象とも言われるが、
やはり何が原因でそうなったのかは解りませんでした。
とにかくP嬢も10歳。
無理をさせない事がいちばん!体も冷やさないように!

毎日続けてる事は・・・
入浴と温灸。
人と同じで体を温めると本人も気持ちいいようで
温灸中にウトウトしてます。

現在は歩けなかった事が嘘のように
毎日走り回ってます♪